外壁塗装で住宅の寿命を長くする│劣化症状の種類

不具合には迅速に対応する

シャッター

シャッターから、異音や異臭が確認されたら、早急に修理手配を行ないましょう。大手の修理業者であれば、深夜の遅い時間でも駆けつけてもらえます。不具合には迅速に対応することで、被害の拡大が防げるのです。

もっと見る

工事までの流れ

工事

解体工事を依頼する際は、工事までの流れを把握しておくと良いでしょう。工事までに必要となる手続きも、解体工事業者に代行してもらうことでスムーズに着工できるのです。

もっと見る

築10年が目安

塗装

築10年を経過した住宅は、多くの場所で劣化が始まるようになります。特に外壁塗装に使用される塗料の耐用年数は、10年目を境に効果がなくなってしまうのです。外壁や屋根は住宅を雨や紫外線から守る役目を果たしています。そのため、塗料が劣化した外壁は、それらのダメージを全て受けてしまうため、劣化が急速に進んでしまうのです。外壁の劣化症状が見られたら、川口市のリフォーム業者の利用を検討しましょう。
外壁の劣化症状として最初に見られるのが、塗料の変色です。変色は住宅の美観性を著しく低下するため、素人目で見ても判断が行ないやすいでしょう。また、チョーキングの症状も確認しておく必要があります。チョーキングは塗料が劣化して、粉化した状態を表します。外壁を手で触れて、手のひらに白い粉が付着しているのであればチョーキングが起きている可能性があるので、早急に外壁塗装を施すことが求められます。
劣化が進んだ外壁は、ひび割れや水漏れといった被害に拡大します。住宅の基礎に水漏れが進行すると、住宅の傾きとった被害に及ぶ危険性があるため、リフォームが求められるのです。外壁塗装は、使用する塗料によって効果が異なります。光触媒やフッ素を使用した、次世代塗料は耐用年数が長く、1度施工すると長期間に渡って効果が期待されます。費用は多少高額になりますが、これから先も住宅に住み続ける予定であれば、包括的に考えて安い施工プランと言えるでしょう。

悪徳業者による被害

解体工事

解体工事には決まった料金がないため、悪徳業者による被害が多く報告されています。被害に遭わないためにも、悪徳業者の傾向や被害事例を確認しておきましょう。また、解体工事業者の業務内容を把握しておくことも大切です。

もっと見る